スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊漫画的引き伸ばしは勘弁

どーも、やっぱ1期のあの終わりでよかったんじゃないですかね、管理人です。
まあ死ぬほど儲かるコンテンツなのもわかるけどね。

なんとなく続きがありそうな話。
オチをよく考えてみると、あのまま終わる気はしないんだよなぁ。
madomagi.jpg


あ、若干ネタバレします。



何が一番不満かって、新しい魔法少女と紹介されてた百江なぎさの出番の少なさよ!
たしかにあのポジションだと出番は少ないのかもしれないけどさ。
もっと本編にガッツリ絡んでくる感じかなぁとか思ってたで。
むしろほむらちゃんとのダブル主人公かサブ的な役割を担うのかと思ってたぞ。

今回のはなんとなくファンサービス的な要素があったのが目についたかな。
ティロフィナーレとわけがわからないよは確実にそうなんだろうなぁw
BGMは救済のテーマ(だっけ?)を除いてほとんどが新規・・・というかアレンジになってたかな。
そこは新しい世界をイメージしてるのかね。
マミさんのテーマ(っぽいやつ)のなんか微妙に引っかかる感じな。
その後の展開でなんとなくその曲調に納得したけど。

あと本編でひたすらいたたまれない役をやってたせいか、凄いさやかちゃんが活き活きしてたな。
あれは株上がりますよ。
凄いカッコ良かったで。
後ほむらちゃんの評価が下がりそうな気がしなくもないなぁw
これが普通の学園モノ的ライトノベルだったら確実にヤンデレ役張ってますよ。
友人を救うための行為及び決断、そのあたりはまどかとの対比なのかね。
最終的にもまどかと対になっちまったしなぁ。

ああいう引きにしたってことは、なんか続編を匂わせるなぁ。
少なくとも、TVアニメの時とは明らかに終わらせ方に違いがあるからなぁ。
それなりにハッピーエンドか?って思えるような終わりから、今回の劇場版はその後の世界ににごりを持たせるような締めに。
概念VS概念?の戦いが描かれるのかもしれない。
キュゥべえは今回は出番なしかな?って思ってたら、後半になって急に本気出してくるしなぁ。
結局そっちの界隈の人らにとっては、やっぱあの世界は養分が足りなかったってわけかね。
そいつァ大変になるでぇ。

そういえば、ものすごいイヌカレー空間多かったな。
その後の話を見れば納得できるんだけど、目がちょっと疲れたねw
もう全部イヌカレー空間の中で話を展開させたら・・・駄目だな。
にしても、普通の風景の方も癖が更に強くなってて、もうわけがわからん状態ではあったな。
まあこれもその後の話を見るとそういうことかぁーってなったりはするんだけど。

ってなわけで、BD-BOXも発表され、おそらく来年くらいになったらもう一本新作発表があるんじゃないですかね。
まあどうせ見ますよ。
ここまで来たら俺も傍観者。
アニメ本編の時のさやかちゃんみたいなポジションで、その先を眺めていくしか無い。
次回作ではなぎさちゃん、おねがいしますよ。
だしづらそうw

それでは~

スポンサーサイト

2013/10/26(土) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://pmannet.blog17.fc2.com/tb.php/1989-54f04139
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。