スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アイカツと未来と勇気と人生

どーも、もうちょっと生きようと思いました、管理人です。
俺を生かして大学まで連れて行ってくれたこの作品、まだ捨てられないですね。

放心の初回上映の話。
もうね。
うん。

ということで、劇場版アイカツ見に行ってきました。
死ぬほどネタバレしながら書きます。

アイカツを見たことない人でも、見に行って欲しいくらいの映画でした。
いや、実際前夜祭も今無料配信してるし、それを見て劇場に行って見てほしい。
read more...
スポンサーサイト

2014/12/13(土) | 熱く語るシリーズ | トラックバック(0) | コメント(0)

きんいろモザイクは世界遺産

どーも、感動の最終回、管理人です。
まだ死なないぞ・・・ひだまりスケッチが残っているからな・・・。

かなり壮大な最終回の話。
いやー世界を巻き込んだ大規模な最後だったな(

きんいろモザイク最終話。
前半パートは進級の話。
アリスがいかに忍に依存してたかがわかるよね。
↑綾は言わずもがなです
まあ1年の時にカレンがやっていたのと同じように、休み時間はすべて会いに行くんだろうけどな。
未だに忍のこけし扱いは取れてないんだなぁw
にしてもカレンが可愛かった。
ナイアガラですわ。
ここから久世橋先生(入学式の時、烏丸先生の後ろにいた)との絡みが出てきて、それが原作で面白くて好きなんだけど、やはりこれは2期を待つしかないのか。
中二病カレンも最高。
眼帯は正義。
↑中二病でも恋がしたい!は丹下谷一択だろ

非常に早いED(神曲)を挟んで、Bパートはおまけ。
1年の時の話になってるし。
そして始まる突然のミュージカル。
主人公のモデルは自分とアリスですと言って開始速攻で金髪忍が出てきて笑った。
願望強すぎやろ。意外と似合ってましたよ。
俺はミュージカル全然わかんないけど、脚本のインタビューやら他の感想からするに、ディズニーがベースのようだ。
まあわかんなくてもそれっぽいかなぁ、とはちょっと思った。
動きやテンポは申し分なく、勢いもあってダレることもない。
話はあ~忍が考えそうな話だな~とは思いつつも、なんか惹かれてしまう。
はっ、これが忍の話の魔力!?
にしても綾は歌が上手い。
種田梨沙すげーな。
陽子だけ歌うことがなかったのがちょっと残念だが。

ちなみにこのミュージカルの中身はサウンドブックに全部はいるようだ。
普通に欲しいぞ。

んで、ミュージカルを見てみても、やはりきんいろモザイクらしくて良い話だったという感想が出てくる。
一応異文化交流っていう大元があるからなのか、そういう外国っぽい演出があっても違和感がなかったのかな。
ってかこの話は割りと今後の話にも関わってくるのかもしれないな。
アリスは一応ホームステイの体だし、いつかは帰る可能性が高いわけで。
んで結局何が大事かってなったら金髪ではなくアリス、みたいな。
金髪が好きなんじゃなくて好きなアリスがたまたま金髪、的な。
でもこの漫画で別れがあるって全く想像つかねぇなぁw
とは言えいつかはまあそりゃあ離れ離れにはなるよなぁ。
まあそれはそこまで続いたら考えればいいのか。

結局この漫画(アニメ)の面白さは何だったんだろう。
ほかの日常ものが持ってなくてこれが持ってる魅力ってなんだろうなぁ。
やはり外国人2人なのかなぁ。
外国人ってだけで日本人にない可愛さも持ってるし。
場をかき回す担当が2名、ツッコミが約1名、そしてガチなお方が2名。
場のかき回し(主にボケ)担当にモロ日本人(忍)と外国人(カレン)がいて、片側は意図せずに、そしてもう片側はある程度意図して(というか自分の個性を最大限に発揮して)話を展開させていく。
そしてどっちにも対等にツッコめる陽子。
このバランスがいいのかなぁ。
アリスと綾はどっちもガチなので、そいつらはそいつらでさっきの2名とは別次元の、言わば真面目にボケていく。
こっちのツッコミ担当も陽子・・・なのかもしれないけど、綾には鈍感。
だから綾には基本ツッコミが不在のままひたすら片思いだから、余計際立ってガチっぽくなるよね。

ここまで書いてわかったのは、とりあえず主要5人が全員しっかり際立った個性があって、そして出来るツッコミが1名いるから、話がしっかり回る。
他の日常系にあるようなボケ垂れ流しや、オチ何もなしってのは少ないと思う。
ボケ2名と、真面目2名もそれぞれタイプが違うから、各個でそれぞれタイプの違う話が展開できるし。
それは他のも同様ではあるんだけど、やっぱ4人くらいってちょうどいいんだろうねぇ。
後やはり外国人っていうのは何よりも個性を際立たせる。

外国人が混ざることによって、国の違いのよる文化の違い、ってネタも大量に生まれる。
やっぱ同じ!ってネタより違う!ってネタのほうが多いだろうしね。
夏祭りとかの回でも、ただ金髪の子が浴衣着てる、ってだけでもだいぶ普段見てる祭り回と違うものを感じるよね。
非常にシンプルで、わかりやすい3人と2人との差異。これがまた飽きさせない一因なのかも。
ちなみにこの漫画、色気は全く感じさせられない。
金髪美少女なんだから、水着映え(特にカレン)は確実かなぁとか思うんだけど、そこがないのもいいところなのかも。
なくても相当可愛い。

あと、振り返るとアニメ1話は日常アニメには似つかぬ出会いの話だったな。
だいたいこういう日常アニメって最初で既にキャラが揃っているパターンのほうが多いから、こういう最初の最初の出会いからやる話ってあんまないんだよね。
それを1話の大半を使ってじっくりやって。
それが他の日常アニメにはないメリハリをつけてるのかな。
ラストのミュージカルもそのメリハリ。
間はたしかに日常を綴ってたけど、最初と最後にその時系列から離した話をすることで、物語が一本に繋がってるようなそんな感じ。
これからも続いていく・・・じゃなくて、アニメだけで見ればこの12話でしっかり完結した、って気分になる。
日常系アニメのオチはなくていい、普段のまま終わればいいと思ってたけど、これはこれで十分すぎるほどありだった。
ってかAパートで実質終わってる(コッチでは日常アニメっぽく、オチは弱めでこれからも続いていくような感じ)のに、Bパートでおまけの話、かつ最初に繋げたような終わりをやってるから、どっちも取ったという形にもなるのかなw
最後は日常アニメに似つかぬドキドキを味わったし(ミュージカルはほとんどアニメオリジナル)、非常に楽しく見ることができたね。


なんか回りくどいことを長々と書いてたなぁ。
まとめてみると、漫画は外国人を交えたことによる5人の明確な役割、強めのツッコミ、そしてあざとさを感じさせない可愛さが他と違う面白さを持っている、
アニメはその漫画を忠実かつ絵や声優で要素を強めつつ、1話と最終話に前書き、あとがきのような話を入れて一本の物語っぽく日常アニメを作ったところ。
これがきんいろモザイクの面白さか。

こんなこと書いといてあれですが、きんいろモザイクはそう考えながら見るもんでもありません。
アタマからっぽで見て、ただただ癒やされるという選択肢も当然あります。
っていうか4話~11話くらいはそれが主かもしれません。
でもまあさっき言った要素がなければ、そう自然と見てるうちに癒やされるってことにもならなかったのかな、と。

ってなわけで、きんいろモザイクは神アニメ。
2期、期待してますよ。

それでは~


↑見てくれたらクリックお願いします。

2013/09/27(金) | 熱く語るシリーズ | トラックバック(0) | コメント(0)

ペヤングソースやきそば激辛

どーも、テストどこ行った、管理人です。
化学なら赤点だよ(

ゲーセン行ってた話。
今日はフォロワーさんが沢山。
普通にリアル先輩もいてなかなかにカオスに。
一人ゲーセンも5年近くになるけど、たまには多人数もいい。
同じ趣味とはいいものだ。
学校にはいねーからなー。
特に同学年。


さて、今日の本題はコレだ。
peyang.jpg
ペヤングソースやきそば激辛である。
こちら、巷では辛すぎるともっぱらの評判だ。
ということで俺のドMの血が騒ぐ。
食べない手段はない。

ということでセブンイレブンで今日購入。
168円。
ペヤング大盛りと同じ値段ですね。
ってか超大盛りは麺の量倍かよワロタ。
それで50円増しなのか。

本日の夜食はこいつだ。
peyang2.jpg
見た感じ、辛そうな雰囲気はない。
ってか普通のソース焼きそば。
しかし匂いはほのかにやばそうな雰囲気
このほのかにってのが重要だ。
そこまで辛いと、ここまでは全く思わせてくれないんだ。
そしてこれからも。

口に運ぶ。
・・・ん?そこまで辛くない。
喉にホワっと辛味が来るものの、それほどじゃない。
むしろコレは食欲を増進させる辛味だ。
うん美味しい。

中盤。
喉や舌は普通に辛いが、それ以上に危険なのが唇だ。
麺をすすって食べる以上、唇にも麺は触れてしまう。
その麺が触れた唇を、辛さが蝕んでいく。
痛い。
でもまだこれくらい、アクエリアスでどうとにもなる。

そしてあっさり完食。

悲劇はここからだった。

唇が痛い。

全力で痛い。


北斗百烈拳を喰らってる人の痛みはこれくらいなのだろうかと思わんばかりにエンドレスで襲ってくる。
冷めない。
アクエリアスの効果がない。
甘いものを食べても、効果がない。
だって、痛いのは唇なんだもの。

某ハバネロスナックなどは、唇に絡みがつくことは舌で舐めたりとかしない限りないため、
そこまで痛みが持続しなかった。
粉による一時的なのどの痛みくらいだ。
しかしこいつは違う。
食後に来やがる。
全力で口を襲ってくる。

一体この辛さはどこから来るのか。
ソース袋に残っていたソースを少し取り出す。
DVC00124.jpg
うむ辛そうだ。
舐めてみる。
・・・辛い。
しかしこの絡み、一過性のものだ。
やはり先程の麺と合わさって、口全体に打撃を与えてきたのが大きいのだろう。
ソースだけなら、某ハバネロスナックよりもマシみたいだ。
まあ、喉は痛いが。

ここで有用なタレコミをいただく。
辛さにはヨーグルトが効果的らしい。
DVC00126.jpg
というわけで早速ヨーグルトを用意した。
コレで何とかなる。

DVC00127.jpg
DVC00131.jpg


・・・何をやっているんだ俺は。

ヨーグルトを食べた。
辛かった。
粘っこい辛味が襲ってきた。
マイルドにかつストイックな辛味が。
しかもまずい。
まあ・・・ヨーグルトですし・・・。
この体が拒否するタイプの味、ジンジャーエール烏龍茶以来だ。

そのあとココアを飲んで、なんとか収まった。


結論を言うと、非常にレベルの高い辛さだ。
多分耐性の低い人は食中、中位の人は食後にのたうちまわりたくなるレベルの辛味が襲ってくるだろう。
しかもこの痛みが長い。
ひどいと10分近くは悶える。
難易度の高い食べ物だが、味はというと結構普通のソース焼きそばだ。
本当にストイックに、ソース焼きそばに辛さを足したような。
ペヤングの味は結構残っているし。
ただ辛いけど。

辛い物好きやマゾの方には非常におすすめしたい。
そんな一品。
自分だったら普通にカップ麺かって食うならコレ食べる。
食欲は食事中のみ増進されるが、その後の辛味で食欲なぞ一切なくなる。
カップ麺なんて物足りない!いっつも2個食べちゃう!なんて人にもオススメだ。

今度はタバスコや一味唐辛子をかけてみよう。
また食べるのが楽しみだ。

それでは~


↑見てくれたらクリックお願いします。

2012/03/04(日) | 熱く語るシリーズ | トラックバック(0) | コメント(0)

サウンドボルテックスの落書き

どーも、稼働日ということで200円1クレ、管理人です。
しょんぼりして帰宅したら近くの黒崎メジャーロード100円だってよ!マジかよ!
明日も行くよゲーセン!

でもPASELIは110Pなんだろうなーな話。
現金使わないとですか。


さて、SOUND VOLTEXなるものが稼働開始しました。
公式サイトはここです。
sdvx1.jpg

まーひと通り触って来ましたよ。
200円だったので3クレしかしてないんだけどね。

どんなゲームか?と言われると公式参照としか言いようがないっすね。
sdvx2.gif
こんな感じの画面でして、
ラインから流れてくるノートをいいタイミングで対応したボタンで押す、これが基本ですね。
んでタイミングよく叩いていくと右上のゲージが伸びて行って、70以上でクリア、と。
だいたい1ミスで2%程度減るのですが、どうやら連続ミスで下がり幅が大きくなるようなそんなような。
ゲージの伸び幅は、ノート数が多いほど少なくなってくるので、ゲージが硬くなり難しいです。

そしてこのゲーム、重要なのがアナログデバイス
sdvx3.png
こいつをタイミングよくひねっていくと、エフェクターがかかります。
ギュイィーーーーーンみたいな。
こいつがSOUND VOLTEXの醍醐味なのですよ。

直角になっている部分はキュッ、っと回すのですが、これも楽しい。
グリグリ回しながらギュイーーーンしていくのも楽しい。
ってかこれ、マジこれが楽しくてやっちゃうゲームですよこれ。

楽曲について。
楽曲は、BEMANIの楽曲を有名ネットクリエイター・・・もとい専らボカロPがリミックスした楽曲が多いです。
現段階での収録曲については、ここに視聴をまとめました。
お気に入り探してみてください。

難易度については、難しいです。
BEMANI経験者でも最初はアタフタします。
レベル1~2程度から慣らすといいでしょう。
でもエフェクトしてて楽しいのはレベル4以降なので、出来ればそこにがっつり挑戦したいところです。
ただ、保証が全く無いので、1曲目でも容赦なくゲームオーバーになります。
ご注意を。

レベルが9とか10になってくると、ノブ回しながら鍵盤をがっつり叩かせてきます。
ノブ回してる方の逆の手に来る鍵盤はいいのですが、回してる方に鍵盤来ちゃうとあたふた。
意外と白鍵盤(通常ノーツ)が大きいので、それも一因かも。
ちなみにボタン数も少ないので、高難易度でも物量押しはあんま来ません。
と言っても俺はまだ9~10くらいしかプレイしてませんが。
そのかわり、ノブ回して~やロングノート押しながら~や、複雑に手を動かさせられることが多いです。
そこんとこは慣れでしょう。
慣れるとギュイーンかましながら鍵盤叩けて爽快です。
鍵盤自体、音は鳴らないんだけどね(汗

ちなみにヘッドホン端子が前の方にあるので、持ってる人は持って行くといいかも。
ギュイーン感楽しめますよ。


とまあここまで書いて残りは感想を。
とにかく、ギュイーンが楽しい。
ノブずっと回してたいレベル。
ノブ回しにはまります。
爽快感は・・・ノブ回してる時はあります!
難易度は高めだけど、ゲージは案外柔らかいので(高難易度曲は硬い)クリアは比較的楽です。
そりゃあ背伸びしてしょっぱなからレベ5とかやると事故るからな!
自分も最初はレベ1で様子見ました。レベ1でも結構回してくるのね。
後説明が少なめな上、最初は選曲に戸惑いがちなので注意が必要です。
選曲時間も45秒と短め。サクッと決めていきましょう。


音ゲーやろーかなー、みたいな初心者入門機では決してありませんが、
それでもノブ回す価値はあります!

ということで!

それでは~


↑見てくれたらクリックお願いします。

2012/01/18(水) | 熱く語るシリーズ | トラックバック(0) | コメント(0)

見て来ましてよええ一人でね

どーも、昼飯も抜きましてよ、管理人です。
だってバナパス買っちゃったから・・・。

地味に300円の出費は痛い話。
昼飯代は全部そっちに消える。
ってか立ち読みしてたら上映数分前になってて焦ったw

ということでけいおん劇場版見てきました。
盛大にネタばれしながら感想書いておく。
↓白文字

誰かが「出落ち」と言ってて、その真偽が気になるところだったんですが、
確かにで落ちでした。
そして映画紹介ムービーの半分位の部分(解散の件)を最初で回収しきってしまうという。
まさかデスデビルごっことは。
ってかやっぱりだったけど皆うますぎワロタ。
りっちゃん荒ぶってた。

ロンドンはどっちかといえばおまけで、メインは「天使にふれたよ!」の誕生秘話。
如何にしてできたかって言う。
まあ、辿り着くところは根本的な話なんだけどね。
唯がそこに気づくまで、ってのが大事なのかな。
それはロンドンのおかげでもあったり。
意外とロンドン部分は半分弱だった。

ロンドンライブで新曲披露かと思ったら、来なかった。
あれ・・・放課後ティータイム(劇場版)出るって話あったのに・・・。
その時はごはんはおかず英訳版のフルをお願いします。
まあ良いか。

それにしてもゆいあずの描写多めでした。
百合百合しかった。
クスリと来る面白さ、けいおん1期のようなそんな感じの面白さがあったかな。
特に最初のデスデビルの件とか。
まあゆるさは相変わらずでしたけど。

ってか、劇場でけいおんの曲、ってだけでも結構盛り上がったね。
U&Iはいい迫力だった。
まああの教室ライブ→2期後半OP(Utauyo)につながるのかなと。
あれ学校でやったら盛り上がるわなー。
そしてけいおんぶメンバー・・・ってか、あのクラス仲よすぎてワロッシュ。
モブ大量出演でモブスキー歓喜。

ラストは2期最終話に繋げながら、それの前後を描くような終わり。
さすがに2度目なので、感動はしなかったが、いい終わりじゃねえのっとは思った。
やっぱりけいおんはさっぱりとした終わりが似合ってるね。

主題歌。
まず最初に流れてくる。作曲トムさんで「あれこんなのも行けるんだー」っと思った。
まったりしてたね。系統的にはホチキス?
そしてロンドン中に流れてくるのは2期の感じがするアップテンポな曲。
ってか豊崎さん声どんどん高くなってますやん。
男は歌えませんで。
↑Utauyoの時点で手一杯
最後はEDに。いつもの路線。
とりあえず衣装可愛い。
衣装可愛い。

うん、全部けいおんらしく、いい曲でした。
ちなみに、劇場で初出の完全新曲はこの3曲だけ。
マクロスF並みに新曲かっ飛ばすのかと思ったけど、ライブでは新曲歌わなかったし。
ちょっと残念。
アルバム本当にどうすんだろ・・・?

総評すると、けいおんにわかからファンまで楽しめますよって感じ。
TVのけいおんテイストは殆ど残ってるので、気持ち的には5話分くらいの一挙放送見てる気分。
絵も全体的に崩れなく。
後、やるネタが潤沢にあったせいか、テンポが良かった。
これは良かったね。
けいおん好きなら2時間全く退屈しません。
ゆいあずが好きなら2時間悶絶できます。
ってくらいゆいあず中心でした。
後、憂の万能超人っぷりがさらにパワーアップ感。
あいつは人間の出来が違うでぇ(
ただ焦る憂可愛かった。
そういえば、唯の両親初登場?顔ほとんどわからんかったが。

個人的にはムギちゃんもうちょっと外国慣れしてんのかなーと思ったけどそうでもなかったな。
英語は・・・あれ流暢だったのか?
キーボード送らせるあたり流石金持ちとは思ったが。
ってかあれ、ちゃんと個人で金出してんの?
若干イメージと違って、そこがまた可愛いムギちゃんでした。
そういえば、澪が空気だった点は(
↑いや、出ずっぱりなんだけど、なんか足りない感

点数?
うーん、80点ってとこじゃない?
まあ、好きな奴には全力でおすすめできる内容だし、5はつけとかないと。


ってな感じでした。
予想以上に長文・・・だと・・・?
まあ、書くほど面白かったですよ。
面白いってかいい映画でしたよ。
アクション映画みたいに1度でお腹いっぱいってことはないタイプなので、サクッと何度も行ってしまいそうで。
小遣い入ったらもう一度行くか・・・?


※散々けいおんのこと書いてますが明日はテストです。
ってか昨日もテストでした。金曜までテストです。


それでは~


↑見てくれたらクリックお願いします。

2011/12/06(火) | 熱く語るシリーズ | トラックバック(0) | コメント(1)

俺のヘボアタマじゃコレが限界

どーも、まあ謎が多いアニメだけども、管理人です。
コレはどんなオチでも批判が来るぞー(棒

まどかマギカ10話までの話。
とりあえず10話で設定に関する謎はだいたい解けた印象。

以下10話ネタバレを大量に含むので注意。


とりあえず10話が終わり、この話はほむらの時間転移5ループ目(以降)ということが判明。
そして現在の時間軸。
まずはここからこの時間軸のオチを推察してみよう。



とりあえず次回はVSワルプルギスの夜になる。
まずはここで勝つか負けるか、で物語は分岐するはずなのだが・・・

ここで負けるパターンはほぼないと言っていい。
理由は後述。

ということで勝った場合。
この場合、まずはほむらの状況で分岐する。


1・・・ほむらが死亡した場合
ここからも分岐。

1-1・・・まどかが契約した場合
この場合は、ワルプルギスを倒す前後にほむらが死亡し、まどかが契約したパターンになると思われる。
んで、コレは最悪のパターンになる。
まどかが契約→魔女化→世界滅亡になるからだ。
ほむらがいないので、時を戻すすべもない。
なお、まどかの契約内容によっても左右されるが、コレも後述。

1-2・・・まどかが契約しない場合
ワルプルギスを倒す→ほむら死亡→まどか契約しないの流れになった場合になるだろう。
倒す前にほむらが死亡した場合は、ほぼ確実にまどかが契約すると思われる。
この場合は、一応ほむら的にはグッドエンド、になるのではなかろうか。まどかがその後ずっと契約しなければ。
ただあの心の傷を負って、契約しないとも考えがたい。


2・・・ほむらが生存した場合
ここからも分岐。

2-1・・・まどかが契約した場合
この場合は、おそらくほむらが時を戻すと思われる。
ただ、あと2話のこの状況で、もう1ループするとは考えがたい。

2-2・・・まどかが契約しない場合
この場合は、そのままエンディングになる可能性が高い。
そのままほむらがまどかに真実を打ち明けて終了。
ただ、打ち明けたあとに契約する場合も少なからずあるとは思われる(その場合は2-1へ)

ここで気になるのが、それぞれまどかが契約した場合の契約内容。
だいたい考えられるのは3つくらいだろう。
1・・・ワルプルギスの夜を倒すほどの力を手に入れたい(世界を救いたい系)
この場合はそのまま魔女化直行ルート。おそらく今までのループと一緒になると思われる。
2・・・死んだ友達を生き返らせたい
叶うかどうかは別として、叶った場合はマミとさやかの状態も気になる。
魔法少女状態で生き返った場合はバッド直行。
普通の人間状態で生き返った場合は、その時点では平和なのだろうが、いずれまどかは魔女化するためこれもダメ。
ここまでの2パターンは、ほむら死亡時のパターンになる。
生きているなら、ほぼ確実にほむらが時を戻すと思うので。

問題は3・・・時を戻す系になった場合。
ここでほむらが時を戻した先で死亡していた場合、ほむらの立ち位置的ポジションにまどかがつく形になる。
ほむらが生存していた場合、このポジションのキャラが2人となる。
ここで問題になるのは、ほむらがすでに魔法少女になっているかいないかだ。
ただまどかがこの願いで契約した場合は、おそらく時間はマミ契約前、つまりほむらが戻した時間より前に移動することになる。
つまりはこの段階でほむらは契約をしていないはずなのだが、
していた場合はイレギュラー展開になるので未知数である。
時を戻す人が2人いれば、どうなることかは全く分からない。
していない場合は、おそらく1ループ目より以前に戻ることになるので、まどかとほむらの出会いは1ループ目と同様のものになるはずである。
そうなると、まどかは3人誰一人魔法少女になることを阻止しなければならない。(ただ、ほむらが契約した場合は、先ほどのイレギュラー展開に戻る)
こうなると今までほむらがやっていたことをまどかが繰り返す形となる。
ただこの場合も、まどかが途中で死なない限り結局オチは世界滅亡エンドであることはかわりないのだが。


長々と書いたが、結局は以下のパターンになる。
・まどかが契約して世界滅亡
・まどかとほむらが生存し、まどか契約せず終了
・まどかのみ生存し、まどか契約せず終了
・まどかが契約して自ら時を戻す
 →この場合、ほむら、さやか、マミは契約せず生存パターンもあるが、そうなった場合まどかは死亡(魔女化したらダメなので、自殺か殺される)しないと世界滅亡
・まどかが契約したため、ほむらが時を戻す
 →この場合、上の4パターンへ再分岐
  →再ループした場合、さやかが契約せず生存するルートも考えられる、そのため、2個目と3個目にさやかが加わるパターンもありえる

この6個。
つまり、一番人間の生存者が多いのは、まどかが時間転移→まどかと杏子のみ死ぬパターン。
杏子が生存パターンも十分あり得るのだが、杏子はどうあがいても魔法少女になっているので除外する。
どう転んでも報われない杏子カワイソス。

なぜワルプルギスで負けるパターンを考えないのかは、まどかが契約すれば確実に勝てるので。
「契約前にまどか殺されたらどうするのよ?」ってなるのかもしれないが、
おそらくその場合、ほむらが時を戻す。
ほむらが殺されたらおそらくすぐまどかは契約すると思うので、両方死ぬ可能性はほぼないと言ってもいい。
両方同時に殺される、とかいう非道な展開にならない限りは。
あとまどか自身も殺されそうになったら契約すると思われるので、同時死亡もほぼないはず。

此処まで書いて分かることは、全員生存するパターンはない、ということ。
なお、まどかとマミが同時に生存するパターンはおそらく存在しない。
さすがスタッフ、コレは非道。
現実的に考えると、一番いいパターンがこのループでほむらとまどかが生存して終了、だろうか。
こうあってほしい。

スッゲえ長文になった。
結局言いたいことは、「全員生き残るパターン存在しないよ!」ということ。
まとめたかったけど、まとめる力もないので断念する。

これだけ書いて、ここにない展開だったらまじ笑える。
いや、このアニメのやることだ、きっと視聴者の想像を超越してくるに違いない・・・?


とにかく、来週放送(予定)の11話に期待するとしよう。


それでは~


↑見てくれたらクリックお願いします。

2011/03/17(木) | 熱く語るシリーズ | トラックバック(0) | コメント(0)

ミルキィのレビュー書いてみよう

どーも、小林さんマジイケメン、管理人です。
でも憎めないのがなんとも言えないなんたらかんたら。

オペラの話。
こぉばぁやぁしぃくぅぅぅぅん!
↑L
これでアニメの4人がダメダメなのも辻褄があ・・・わないなw

ゲームクリアしました。
CGも全部集めて、全ボイスも聞いた・・・はず。
ちなみにだいたいここまでで15時間弱。
サクサク終わるね。

さてと、やって分かったことをネタバレ極力控えてお伝えしようかと。

とりあえずシステム面。
自分こうゆうADVは初めてなのだが、必要な機能はほぼ全部揃っている感じ。
インストールしてスキップは超快適だし、オートは時間の間も上手く管理されてる。
ウインドウを消してオートにしてると、アニメを見てるような感じ。
バックログも完備。
全体的にアニメ意識な作りになっているので、各話OPとEDが付いてくる。
自分は飛ばさずに・・・見たかな?
セーブはアニメで言うアイキャッチの部分。だいたい各話3~4ヶ所程度。
なお、最終話のみOPが変わるのだが、最高にかっこいい。
これは後述。

ストーリーについて。
基本分岐するのは最終話のイベントのみ。
また、途中の3つはランダム。
好感度は、ミルキィ4人のみに設定されている模様。
基本は捜査。
ミルキィ4人に話しかけ、写真やモノから「重要なファクター」を見つけ出す。
これ重要。
ファクターを見つけた後、もう1度話しかけると、選択肢イベントに発展。
全て3択。
話しかける順番で好感度の上昇幅が変わる・・・とかいう話もあるが、自分はわからん。
G4も2話以降は出てくるが、話しかけても特殊なイベントが起こるわけでもなく。
また、捜査は「見つけたファクター」と「見つけた疑問点」のトータルで決まる。
疑問点は、イベント中、もしくは捜査中(主にG4との掛け合い時)に突如発生する。
ちなみに間違って覚えるとマイナスポイントなので注意。
ただ、ファクターを4つ見つけてさえいればゲームオーバーにはほぼならない。
なお、ファクターを見つける際、ヒントはかなり少なめなので注意。
怪しい場所を深く勘ぐらず、素直に調べるのがポイント。
後半はちょっとややこしいのもあるので注意。
なお、ミスるとその分好感度イベントを出せる機会が減ってしまうので注意。
なお、疑問点もほぼノーヒント。
けっこう直感で決めよう。
なお、1回やった後だとこの疑問点が如何に意味を持つかがよくわかる。
のでもう1回やってみるといい。

基本は事件→捜査→疑問点開示→暴露→QCA。
疑問点開示は先程の疑問点で、正しく覚えた疑問をオペラが発表。
覚えてない疑問点はしゃべらないので、不完全だとプレイヤーは「??」ってなることも。
暴露はミルキィ4人が順番にファクターを披露する。
この流れ、意外とアツイ。
けっこうハマる。
ミルキィ4人にしゃべらせてる分、小林さんの独壇場感が和らぐのもあるのかも。
まあ推理してんのはほぼ小林さんだが。
これも見つけてないファクターは開示されないので注意。

最後のQCA・・・クイックコマンドアニメーション。
これは、☆の動く方向に方向キーを押しながら話を進め、重要なポイントでミルキィに指示を出す。
ここの難易度はオプションで変更可能。
とにかくとっさな判断が重要です。
基本シチュエーションを見て判断するのが吉だが、コーデリアさんだけ分かりづらい。
この際は消去法でやってみるのが速い。
残機数が無くなるとゲームオーバーだが、すぐリトライできるので安心。
なお、楽勝だと思って難易度MAXでやると後半☆で泣きをみるので要注意。
なお難易度MAXはミルキィ選択時間2秒、残機2機。
初見はまず無理です。
後、死亡時のアニメは1度見ておくといいかも。
ちょっとした遊び心が見られることも。


総合的に見ると。
とりあえず話は短め。
大体1話1時間程度で終わる。
1周するには大体8時間程度が必要かな。
まあ短い。
CG回収も非常に親切設計なので・・・。
クリア後にチャプター選択でき、そこでルートも選択できるので。
個人的にネロルートはニヤニヤしっぱなしでした。
つーかネロ大人すぎ。アニメでのクズっぷりどこ行った(

アニメとは毛色がぜんぜん違う。
小林さんいるだけでこんなに違うのか・・・ってなる。
少なくとも自分はなった。

ボリュームは前述したとおり、短めなのでアニメを見てからやることをおすすめする。
てか純粋にミルキィが好きな人向け。
好きな人なら楽しめる。
ちなみに、最終話のOPからの畳み掛けっぷりは神。
小林さんマジイケメン。
ちなみに、アニメも(一応?)王道展開通ってるが、ゲームもけっこう王道。
でもラストは燃える。
ちなみにラストのQCAは結構な初見殺しなので注意ね。
ちなみにEDは・・・ネタバレになるなw
ひとつだけ言えるのは、次回作が決まっているのもあるんだが、すごく続きが気になる終わりだった。
っていうよりも続きが欲しくなる終わり方。
決してモヤモヤしたものではない。
「あーこれは社長が続きが気になるっていってたの分かるわー」ってなる感じ。
↑社長の発言は12月3日だかにあった発表会参照

ボリューム不足なのは物足りないが。
何だろう、アニメのDVD買ってるような感覚。
てかそう考えて買ったほうがいいかも。
アニメ臭いし。
でもアニメより長持ちするしいいよ。
まあ短いけど(
とりあえず1周して、話のオチが分かったところでもう1周することをおすすめする。
疑問点とファクター全開示させた場合とではやっぱしスッキリ度合いが違う。
ちなみに「これは重要なファクターだ」はさんざん聞くハメになりますw

ちなみにキャラについて。
小林さんは熱血探偵、って感じ。
いかにも的な。
工藤新一くんってこんなんだったけとか思いつつ。
シャロはアニメより子どもっぽいような。
超ピュアで純粋な子。
そういえば、この子だけ探偵を志す明確な動機がわからないんだが、どうしたもんかね。
↑小説に他3人の動機は書いてある
ネロは超クールな少年?に。
悪く言えば意地悪なのだが。
ちなみに一番頭が切れる。
エリーはほとんど代わり映えしてない。
一番仲間思いなのかも。
ちなみにおそらくトイズ的には一番強いと思われ。
コーデリアさんはなんか超強い。
ちなみに早とちりグセ。
小説ではこれでもかってほど早トチッてたが、ゲームでも変わらず・・・かな。
怪盗4人は・・・キャラ抑えめ。
ゲームやってからアニメ見るとアルセーヌがミルキィを溺愛してる理由がちょっとわかるかも。
11話の謎もこれでちょっと解けた感じ。
ちなみに10話での過去回想シーンは意外とアニメでもゲームでもけっこう重要ポイント。
これはゲームやってから気づいた。

さて、長々書いちゃったね。
多分今年最も長い記事だなw

買いかどうか・・・と言われれば、買いだと思う。
ミルキィが好きな人向けね。
逆にゲームから始めるのはどうかなとも思ったり。
短めだし、物足りなく感じることも。
なお、テンポが非常に良いので、クリアまではほぼ飽きないと思う。
逆にそれが短め感を際立たせている、ともいう。

ということでミルキィのレビューでした。
てかこんな真面目にレビュー描いたの超久しぶりだし、文章けっこう拙いな。
そこはご容赦を。


それでは~


↑見てくれたらクリックお願いします。

2010/12/22(水) | 熱く語るシリーズ | トラックバック(0) | コメント(0)

メディアの違いを理解せよ(棒

どーも、あれどっかで聞いた気が、管理人です。
えーとたしかすっごいつまんなかった生t(以下自粛

役員共ではない話。
なんかこれ汎用性たけーなってふと思った。
青少年なんたら条例にも使えるなこれ。

自分も一応なんか違うんじゃねーのって思ってる派の方ではあるが。
表向きの文面だけ見ると、「エロ本を18歳未満に売るんじゃねえボケカス」ってだけなんだよな。
んで、そればっかしメディアの方は伝えるから、「そりゃ規制されて当然だろ」的な感じになるのよ。
裏向きはすっごく曖昧に「18歳未満に危害があるような表現が云々」だから、そこがまた面倒くさい点だわな。
ネットだと「石原くたばれ」はよく見るけども。
けっこう世間的には「あーこれ超どうでもいい話だわー(地獄のミサワ風に)」ってなってたり。
第一興味あんましねー奴はテレビ見て「そりゃあ規制されるべきだろJK」っていうだけでしょ。
条例通したのが興味ねー奴らなんだからね。
アニメに関してはBPOが居るんだし、そんな独自規制入れても都はめんどいから放置だろうな。
ゲームも同様。CEROあるし。
最近は何でも規制規制ってなってるけど、結局抜け穴見つけて通ってるのが現状。
マジコンとかダウンロード規制とかもそうでしょ。
てか逆に規制されたほうが抜け穴探しに熱中するんだよなみんなw

まあきっちり基準設けた奴を出すんならさっさと出してもらいたい。
「これでワンピースも規制か」とかいう奴もいっけど、あの基準なら普通通るって。
てか尾田さん次第でごまかせるって。
そうかこれからアニメは全部ひだまりみたいな奴ばっかになるのか・・・。
・・・それはそれで気になるなw
ふと思ったが、この基準だと生徒会役員共はOKなんじゃないかという疑問。
これを真っ先に規制するべきなんじゃないのかい。
読んでる俺がいうのもアレだが(
青少年に不健全・・・?いやあれ保健体育の教科書を6倍くらい掘り下げただけの奴だから大丈夫だろ(
あれほど読んでて影響を及ぼさない下ネタっていうのもそうそうない。
あれOVA来るとかどうとかだそうだし、個人的には期待してるんだがな。

アレだ、どうせ今の状態で抗議活動しても「うっわキモオタがなんか抗議してるよ」で終わりだって。
世間的にはアウェーだろ。
ネットそんなしねー奴は「エロ本規制なんざ当然だろ」ってなってるだろーし。
まあそれは正論だし。
あとは憲法で言う表現の自由がどう取られるか、そこが重要。
自分はさっさと裁判沙汰にさせて裁判所任せにしたほうがいいんじゃねーのとか思うが。
だって本当にこれが極端な規制だったら不当になるだろ?それなら当然勝つじゃねーか。

ということで自分なりにこんな文書いてみた。
結論言ったら、「俺いまんとこ結構どうでもいいです」なんだが(
それ言ったら話終わってしまうのでね。
ネット漁ると一方的に石原くたばれな文が多いから、それも過激すぎねとか思ったりしたので。
中立気味に書いてみた。
そりゃあどっちか言われれば反対だが、施行されてない今どうとも言えん。
基準も曖昧だし。
なので自分はちょっと待つ。
コミケ?幕張メッセ使えばいいじゃない(
それは極論かw
法律でそうなったらどうしようもないしなw


それでは~


↑見てくれたらクリックお願いします。

2010/12/19(日) | 熱く語るシリーズ | トラックバック(0) | コメント(0)

未所持でドラクエ9を熱く語る

どーも、ヤフーゲームでの叩かれっぷりに吹いた管理人です。
ひでえw

今日はドラクエ9について。

注、管理人は持ってないので、客観的に言っています。




ゲームのレビューサイトとかを見ると、やっぱり(なのか?)批判が目立つ。

①ストーリーが薄っぺら
うーん、それは多分最近のRPGにこういう「純粋な物」が減ってきてるからじゃないかな?
ドラクエは元々「正統派なストーリー」なわけだし。
それが薄いんならたまったものではないが。
まあ、ドラクエとかにFFとかテイルズとかの深みを求めても無駄ってわけだ。
個人的にはいつものドラクエ臭がするストーリーだと思うが。
多分7とか8が濃かったんだとは思うが・・・。

②クエストが単調
「モンハン」ですね、分かります(
さすがのドラクエでも、モンハンの壁は越えられなかったそうで。
モンハンの流行からそういう「クエスト型」みたいなゲームが増えてきたが、
実際あれは何かしらの要素がないと即効飽きるのがオチ。
個人的には無双マルチレイドとか駄作だと思った(
それはやってて仕方のないことだしねえ・・・。
とりあえず追加クエストに期待しましょう。

③PSPで出して欲しかった
ROMの容量からすれば、
DS・・・256MB(128MB)
PS2・・・4.7GB(2層は起動率悪い)
Wii・・・4.7GB(2層OKだがそもそもそんなに容量使うソフトがない)
箱○・・・9.4GB(大概2層、1層のものもある)
PS3・・・25GB(2層なら50GB)
PSP・・・2GB(記憶があってれば)

こんな感じで、やっぱりDSは圧倒的に少ない。
おそらくドラクエもROMいっぱいに使ってるんだろうが。
↑そもそもDSで満タン使ってるのは少ない、ハーツとか、(噂だが)アイマスDSとかくらいしか知らん
でも、おそらくレベルファイブのことだろうし、PSPでやるなら画質は8並みになるだろう。
そしたら結局容量大量に使うオチだったりする・・・。
まあいくつかは増えるかも知れんが、大差はないでしょうし。
これでPSPで出して売れたのかというのも疑問だし、批判が減るのかといっても微妙。
最近伸びてるとはいえ、DSには大きく水空けられてるからなあ。

④簡単すぎる
ゾーマとかで我慢してやってください・・・。
元々顧客層がヘビーユーザー向けではないだろうし・・・。
確かに、むちゃくちゃ強い隠しボスもいないそうですし、簡単な印象は少しある。
まあ、元々システムが手軽なものだし、逆にあれで強いのを作ると・・・。
↑アンノウンネビリム先生みたいなのが来たら非難ごうごうだろうな
まあ、7の神様とか、8の竜神、5のエスタークのように極端に強い、というのはいないそうで。
ところで、モンスターに転職ってないのか?

⑤クソゲー
10に期待しましょうw
Wiiの時点てすでに「クソゲー」という声もあるけど・・・。
一応あれだってスペックはPS2より同等か上はある機種なんだから・・・。
↑スマブラXとかやればわかる、後(多分)グレイセスとかも
多分、「PS2はもう出てるから別のにしよう」→「PS3と箱○はまだ普及率悪いしなあ・・・」
→「だったらウィーでいいじゃない」てきなノリだろう。多分。
このご時世、ドラクエ買うためにPS3買うという人も多くないだろうし。
↑でもヴェスペリア買うために箱○買った人めちゃくちゃいたんだっけか、でも人数が違うか
PSPだと容量的に9程度のボリュームになってしまうんだろうなあ・・・。


とりあえず、通信環境がないとつまらないという声も結構あった。
多分それを目的に製作しているんだろう(すれ違いとか)
その分ない人は単調クエストを・・・といった感じになるんだろうなあ・・・。

ただ、8とかと比べて糞とか言うやつはまた何なの?っておもうが・・・。
そりゃあスペックと容量の問題あるでしょうにww
おそらく没になったネタもたくさんあるんだと思うよ・・・。
↑発売延期の原因は多分そこだろう

まあ、後何本売れるかなww
初週200万本越えだったぽいし・・・。
俺的には300万本程度で頭打ちになると予想。
↑脳トレとか、マリオとかの400万の大台には届かないと思う
何だろう、300万で売れなかったと評されるドラクエの悲しさ・・・。
それに対してビーマニといったらもう(


まあ、そんなところでしょう。
いまのところ自分も購入予定ないです。
友達があまり持ってないのでw

それではこんなところで。
コメントよろしく。
その前に、最後まで読んだ人何人いるんだろう・・・w

次回のDTXはサイレントのドラムアレンジです。
背水ロングは来週に持ち越しになりました。多分。

それでは~

↑見てくれたらクリックお願いします。

2009/07/27(月) | 熱く語るシリーズ | トラックバック(0) | コメント(0)

自重しない卑弥呼@2119

どーも、卑弥呼がマジ自重しねえ、管理人です。
いや、いろんな意味で(ビーマニと無双オロチ的な意味で)
↑2119ノーツ自重

今日は書くネタなんぞDTX作ったことぐらいですが・・・。
SABERWINGカッコいいよ。うん。
TAGいいよ。TAG。
千本松さんのギターが無いTAG曲もなんかTAGらしさがでてていい。
俺は実際そっちのほうが好きな件(


さてと。

なんだか最近俺の学年では「PSP改造」がブームです。
PSP持ってる人で改造していない人はいないくらいです(
PSP無い俺は関係ない(黙れ
PSP改造については昨年から知ってた俺はもっと関係ない(さらに黙れ

まあ、俺は改造は肯定派ではないですねえ。
なぜかって?
「はまる」んですよ。

①PSP改造する
②「ただでゲームできてウマー」
③新作発売
④「おっほしいゲームだ、早速torrentで落とそう」
⑤ついに次世代機種発売
⑥「改造できないのかよ」
⑦大作発売
⑧「ゲームで金払うのかったるい」
⑨悪循環
⑩「改造できない次世代機は駄作」的な流れ
  ↑V5ではない
これが一番懸念されるパターン。

だから、中学生たるもの、黙って欲しいゲームは買えばいいんです
↑お金が無いという罠

確かに俺もROMで遊んでた時代がありました
ただ、やってくうちに「こんなんでいいのかな」的な考えが生まれまして。

あんまり使いすぎると、「ゲームを買えなくなる」んですね。
だから俺はPSPは買わない(金が無い)


俺が許す範囲って言ったら・・・
①ROM以外のツール使用(悪質で無ければ)
②処理速度的な都合で自分で買ってISOにする
  ↑実際やってる先輩がいる

許さないのは・・・
①海外サイトからROMパクル

とか。

別に友達からソフト借りて・・・とかだったらギリ許す(人脈的な意味で)
さすがに海外はまずいだろ・・・。
↑じゃあ国産だからいいのかってわけでもないが
海外なんて1週間前にROM出回ったりするしなあ・・・。

さすがにスーファミやファミコンのやつはもうどうでもいいが。
海腹川背とかバーチャルコンソールで絶対出ないしなww


まあ、結論言うと「改造は勝手だが、やりすぎるな」ということ。
「ゲームは金を出して買うものです」ということ。

怒るぞ、ドラクエ3をずっと並んで買った30代くらいの人たちが(

というわけで、今日は少し熱く語りました。

ちなみに、忘れ去られてる小説ですが、前回のを消して前回分と合わせた分(前回分+α)
を今度うpしようかと。
今月中には書きたいですね(

それでは~
DTX楽しんでください~その前に神曲(

↑訪問してくれたらクリックしてください。

2008/12/09(火) | 熱く語るシリーズ | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。